• キービジュアル

    ファッションを楽しみながら働こう

  • キービジュアル

    ファッションを楽しみながら働こう

  • キービジュアル

    ファッションを楽しみながら働こう

  • キービジュアル

    ファッションを楽しみながら働こう

  • キービジュアル

    ファッションを楽しみながら働こう

  • キービジュアル

    ファッションを楽しみながら働こう

150年以上の歴史を持つリーバイス®。世界中の人たちから世代を超えて愛され続けてきたブランドは、私たちの誇りです。守るべき伝統を大切に。時代が求めるチャレンジは大胆に。リーバイス®と過ごすお客様の人生がより素晴らしいものになることが、私たちの希望です。まだ誰も知らない明日のリーバイス®を、共に創っていきましょう。

求人を探す

勤務地から探す

現在地から
求人を探す

北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

ポジションや働き方から探す

  • 1日8時間、週5日、リーバイスのストアスタッフとしてしっかり働きたい方は契約社員がおすすめ!

  • 週2・3日、1日3時間など空いている時間を有効活用したい方はぜひアルバイトスタッフで活躍を!

  • 売上管理や仕入れにも関わりたい方、スタッフの育成にチャレンジしたい方には魅力的なお仕事です。

  • リーバイ・ストラウスジャパンの成長を支える本社でのお仕事!リーバイスが好きな方歓迎です。

ショップスタッフ仕事紹介

  • 接客

    接客(フロア)

    実際の着用イメージが沸きづらいボトムスはトップスに比べて接客時間が長く会話も弾む。お客様に本当に似合うフィットを見つけ、提案するのが醍醐味。

  • レジ

    レジ

    お会計だけでなく、長く履いていただけるように購入後のお手入れ方法などもお伝え。お見送りの際に交わすちょっとした会話も大切なコミュニケーション。

  • フィッティング

    フィッティングルーム

    キャリアが長くなるとお客様を見ただけで合うサイズがわかるように。ご試着を通じてお客様が気にするポイントを見極め、よりよい提案につなげる。

  • 裾上げ(ミシン)

    裾上げ(ミシン)

    ミシン初心者でも練習すればちゃんとできるように。お客様の着こなし方に応じた丈感を提案し、それを自分で裾上げしてお渡しできるのはうれしいもの。

  • 清掃

    清掃

    開店前、閉店後だけでなく、開店中にもこまめに清掃。お客様が靴を脱いで使用するフィッティングルームは特に気をつけて清潔な状態をキープ。

  • 商品整理

    商品管理

    バックヤードのスペースは限られているので、入荷・検品後はコンパクトに整理整頓。誰が見てもどこに何があるかわかるようにするのがポイント。

  • 商品陳列

    商品陳列

    商品の特徴がお客様によく見えるように柄を揃えるなどして見た目にもきれいに陳列。畳み方は商品ごとに決まっていて、崩れていたらすぐに直す。

  • 店内レイアウト変更

    店内レイアウト変更(VMD)

    ブランドが伝えたいメッセージを表現しつつ、店舗ごとに個性を出していく。来店される顧客層に合わせて見せ方を変えていくのが腕の見せ所。

ショップスタッフの
求人一覧をみる

ショップスタッフインタビュー

  • リーバイス® ストア  原宿Flagship shop店 Y. Y. さん 契約社員入社2年目

    リーバイス® ストア
    原宿Flagship shop店
    Y. Y. さん

    契約社員
    入社3年目

    世界の老舗ブランドだから
    蓄積できる知識

    もともと古着が好きで、その流れからリーバイス®を知りました。当時はスーパーマーケットの正社員。退職のリスクは考えましたが、好きなブランドの仕事に希望を抱き、チャレンジしました。
    入社して知ったのは、リーバイス®が若者からアッパー層まで、幅広く支持されるブランドであることです。それぞれが異なったイメージを持っていることに、さらにブランドへの興味が深まりました。年上のお客さまには、リーバイス®についてかなり詳しい方もいます。そういう方を不快にさせないよう、デザインや技術などに関し、常に情報を収集して知識を蓄えるのは、自分にとって不可欠なこと。ストアでは商品だけでなく、人柄を気に入ってもらって、ご購入いただけることもあります。横浜店にいたころ、買う予定がなく来店したお客さまと、商品の話に始まり、 共通の趣味である音楽の話で盛り上がり、ご購入いただいたことがありました。異動3店目のこの原宿店で再会し、後日、そのときのジーンズをわざわざ穿いて来てくれたことは、とてもうれしく忘れられない出来事です。
    リーバイス®に入って自分が最も変わったことは性格ですね。前に出ないタイプだったのが、今は自分の意見を言えるようになりました。前職では直接お客さまと話した経験がなく、入社当時は、お客さまへ最初に声をかけるのが怖かったんです。入社から3年目、マニュアル通りの堅い接客から、相手に合わせて柔軟な対応ができるようになり、ようやく自信がついてきました。
    いずれ正社員になるため、まずは店長を目指して精進するつもりです。まだまだという自覚はありますが、一日の流れを読んで、スタッフをうまく回せるようになればそれも達成できると考えています。

  • リーバイス® ストア  原宿Flagship shop店 K. S. さん 契約社員アシスタントマネージャー入社4年目

    リーバイス® ストア
    原宿Flagship shop店
    K. S. さん

    契約社員
    アシスタントマネージャー
    入社5年目

    商品だけじゃない
    リーバイス®の魅力を実感

    10代からリーバイス®ストアに通っていました。定番の501に初めて足を入れたとき、その独特のテイストとフロントのボタンが創り出すシルエットに感動したんです。同時にリーバイス®ストアのスタッフが外見だけでなく、話し方や落ち着いた態度、10代の僕にも丁寧に説明してくれるなど、すごくカッコよかった。それで、リーバイス®の魅力を他の人にも伝えたくて、同業種から5年前に移ったんです。
    仕事は楽しいですね。冗談抜きで僕リーバイス®が大好きなんです。どこが違うのか考えると、まず店舗の雰囲気がめちゃくちゃ明るい。それと働きやすさでいえば、残業代もきっちり出ますし、帰れるときは早く帰る、店舗の予算を達成すればインセンティブももらえる。この環境は士気も保てるし、気持ちが明るくいられますよね。僕が当時感じたスタッフの魅力もリーバイスのこういう体制の影響もあるのかなと思います。
    現在、原宿店のアシスタントマネージャーとして、接客とともにスタッフ指導をしています。意識するのは性別・年齢など関係なく、普段から一人ひとりと会話をしてフォローアップすること。感情の起伏を表に出さない、思ったことはすぐ口に出さず、一度考えてから出す、相手に合わせてより響く言い方をすることも同様に心がけます。
    現在の担当は1店舗ですが、いずれ全店舗でスタッフの接客スキルを向上し、リーバイス®全体のレベルアップを図れるポジションにつくのが目標です。
    リーバイスで働きたい人、最初は覚えることも多いし、苦労もあるでしょう。でもそこは誰もが通る道。その先は楽しいんです。そこに行くまでしっかり面倒をみます。笑顔があればしゃべれなくても大丈夫。僕もあんまりしゃべれなかったんです。これホントなんですよ。

  • リーバイス® ストア 原宿Flagship shop店 E. K. さん 契約社員アシスタントストアマネージャー入社7年目

    リーバイス® ストア
    原宿Flagship shop店
    E. K. さん

    契約社員
    アシスタントストアマネージャー
    入社7年目

    世界中のファンが世代を問わず集う。
    それぞれの興味を活かして働ける場所

    リーバイス®ストアの仕事は知人の紹介で知りました。ずっとアパレル業界で働いていたのですが、携わってきたのはレディースのブランドばかり。ユニセックスのブランドであること、そして今後レディースのシェアを上げていきたいという意向があることを聞いて、自分の経験を活かせるのではないかと考えて応募しました。
    渋谷店には海外のお客様がたくさんいらっしゃいます。アジアの方を中心に、夏のバカンスシーズンは欧米の方も多いですね。毎年、来てくださる方が私を覚えていて、声をかけていただけることも。語学が堪能なスタッフが数人いるので、彼らからお店で使いそうな用語を教えてもらって、みんなでシェアしています。まだまだ単語を羅列しているレベルですが、語学のよい勉強になっています。また、リーバイス®は幅広い年齢層に愛されているブランドでもあります。接客を通じて国内外のさまざまな背景を持つお客様からお話をおうかがいできるのも、リーバイス®ストアで働く楽しみの一つではないでしょうか。
    昨年、関西エリア初の旗艦店である大阪のリーバイス®ストアのオープンに、トレーナーとして参加する機会がありました。自分がどうやって接客を覚えてきたのかを振り返りながら接客に必要なフレーズや、各商品の特徴や裾上げの仕方などをまとめた資料を作成。講師として人に教える仕事にも興味がわいた経験でした。また、VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)は以前から関心がある分野です。売り場づくりのヒントを探して、他のショップを見に行ったり、スタッフみんなで話し合ったりすることも多いですね。
    接客やアパレルに興味がある方だけでなく、インテリアや語学に興味がある人にも楽しめるのがリーバイス®ストアでの仕事だと思います。実はアパレルで接客やっている人って案外、人見知りの人が多いんです。仕事となると不思議と切り替わるもの。知らない人と話すのが苦手な人も安心して挑戦してみてください。

ショップスタッフの
求人一覧をみる

本社スタッフインタビュー

  • ホールセール統括部 A. Y. さん アカウント エグゼクティブ入社6年目

    ホールセール統括部
    A. Y. さん

    アカウント エグゼクティブ
    入社6年目

    年2回の展示会が勝負の場。
    バイヤーが売りたくなる商品を提案

    リーバイス®との最初の関りは23歳のとき。「Levi's RED」というラインのお店が日本でフランチャイズ出店するときのオープニングスタッフでした。その後は別の仕事をしていたのですが、子どもが産まれるのを機に7年ほど前から再びリーバイス®で働いています。好きなブランドだということもありますが、「いつも履いているこのジーンズの会社で働いているんだよ」と子どもに伝えられたらと思ったことも、入社のきっかけになりました。店舗スタッフおよび店長業務を経て、1年ほど前から本社での勤務です。
    忙しいのは年に2回の展示会のシーズン。私は主にセレクトショップを担当しているのですが、なによりまずバイヤーの方に展示会に来ていただかなければなりません。ご案内を送って、お電話してアポイントメントいただき、「これだったらうちのお店に合うかもしれない」と思っていただけるようなアイテムを提案していく。リーバイス®を選んでもらうために、そのショップがどのような顧客層を持つお店なのかをよく把握した上で、コミュニケーションしていくことが肝心です。
    普段は本社のデスクでパソコンを前にして仕事をすることもありますが、多くの時間はバイヤーの方と打ち合わせやリーバイス®を売ってくださっているショップに積極的に足を運ぶようにしています。たとえばリーバイス®ストアとセレクトショップでは、売っているものも買いに来るお客様も全然違う。そのギャップを常に肌感覚として理解しておくようにしています。
    リーバイス®で働くようになって、仕事とプライベートの服が一緒になったのもうれしいことのひとつです(笑)。何歳になっても着こなせるのがリーバイス®の魅力。 かつては日本で企画して、日本で縫製したリーバイス®がありました。これをいつか復活させてみたいですね。

本社スタッフの
求人一覧をみる

登録制スタッフのご紹介

ご希望の勤務地・職種などが見つからず、今すぐに勤務ができない方のためにスタッフ登録制度をご用意しています。あなたの情報をご登録いただくことで、ご希望条件にマッチする仕事があった場合に、当社よりご案内をさせて頂きます。

登録制スタッフのご紹介

注意事項

ご登録されたすべての方に選考の機会をお約束するものではありません。現時点ですぐに選考をご希望される方は登録制ではなく、通常募集にエントリーをいただけますようお願い致します。

登録制スタッフの
求人はこちらから